2018年3月25日日曜日

モンゴル旅行記 Vol.2 犬ぞりとラクダ

モンゴルのウランバートルに3/16~21で遊びに行きました。
寒いモンゴルなので、観光のベストシーズンは5月~8月なのですが、この時期に遊びに行ったのは「犬ぞり」に乗ってみたかったから!
寒さのピークは過ぎているとはいえ旅行準備をしている頃は、まだ氷点下が当たり前だったので、ヒートテックの超極暖を上下で買い込みました。他にも、毛糸の帽子、手袋(スキー用は高いので、バイク用で防寒対策のものをネットで購入)そしてホッカイロも体に張り付ける用と靴の中に入れる用と寒さ対策は万全を期して行きました。

3月16日にウランバートルに着いてみたら、、、「あたたかい!」じゃないですか。
昼は5,6度まで上がる想定外の暖かさに「うそ!聞いてないよ!!」状態でした。
暖かくて近所の川の氷が溶けかかっているのが見えて「うそーーーー!犬ぞりが出来なくなっちゃう!!」と泣きそうでした。
結構半分出来ないことも覚悟の上で、ウランバートルの郊外の犬ぞりの場所まで来てみると、、、なんとかやっていました♪ よかったぁ~♪

犬ぞりは犬8頭で大人が二人乗るそりを引きます。全部で8台のそりがあったので、64頭の犬がいて、出発前は血気盛んな犬たちがエネルギー持て余して吠えまくっていて怖い!!


いざ出発!ほぼコントロール不能で犬の行きたい方向に引きずられるのみ。


この時はまっすぐ走っているからよかったのですが、途中川の脇のところを馬が数頭通りがかったら、犬が一斉にそちらに走って行ってしまい陸に上がり、そりは土に乗り上げてストップ(余裕がなくて写真はありません)
係の人が来てくれて、馬を追い払い、犬を川に戻し、絡まったロープを整えて再スタートしました。思ったより長い距離・時間犬ぞりに乗れて大満足!


犬も疲れたのでしょう。終わったらほぼすべての犬が腹ばいになり、熱くなった体を
冷たい氷で冷やしていました。
ちょっと撫でると「もっと撫でて!ほめて、ほめて」といわんばかりに甘えてきて、スタート前とはまるで別人ならぬ別犬!エネルギー使い果たしているからもう吠えなくて怖くないし、引っ張ってくれたから情もうつり、可愛いかったです。

終わって、車でお昼ごはんのところまでの移動中にラクダを発見。
ラクダは暖かいところの生き物なので、寒い冬の間はいないそう。暖かくなってきたから出会えたそうで、このお天気に感謝。

生まれて初めてラクダに乗りました♪
2こぶラクダは見るからに乗りやすそうで、本当にとっても乗り心地がよかったです。
そして、毛がもふもふしていて肌触りが気持ちいい~~~
ちょっと風に吹かれて手が冷たかったので、前こぶの毛の中に指を入れたら本当にあったかい♡


そして、ラクダは思いのほか可愛い顔していることに気づきました。つぶらな瞳。

犬ぞりもラクダもなかなか出来ない貴重な経験で大満足な一日でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿

モンゴル旅行記 Vol.3 乗馬と羊の頭ランチ

翌日はウランバートルから1時間くらいのところに、お友達の知り合いの遊牧民がいて、そこを訪ねて行きました。 事前に乗馬とランチのお願いをしていました。 乗馬は文字通り「馬に乗る」ことが目的だと思っていましたが、ここは違いました。 馬に乗って、近くの山に登るのです。馬...